どんな果物が良いの?

果物入りドッグフードにも様々な種類がありますが、どのような果物が犬にとって良いのでしょうか。果物の中でも、リンゴやイチゴ、バナナ、柿、梨や桃などの果物は、犬の体に非常に良い影響を与えてくれます。その証拠に、犬用のケーキの飾りつけに、これらの果物は使用されていることが多いです。これらの果物の共通点の一つが、「食物繊維」です。食物繊維は犬の腸内を掃除してくれます。非常に有用なのですが、果肉だけを与えるようにしてあげてください。リンゴやモモの葉・茎・種は犬にとって有害になりますので注意が必要です。

また、犬の健康を考えると、バナナの効果は非常に大きなものになります。バナナには食物繊維はもちろんの事、整腸作用のあるカリウムも含まれています。また犬がバナナを摂取する事で、白血球が活性化し、免疫力が向上するとも言われています。犬が果物を摂取するメリットは、食物繊維やカリウム、その他ミネラルを果物を通じて摂取できる事です。

長寿のためにも、果物に含まれるそれらの栄養素は必要になります。しかし、犬に「ただ果物を丸ごと与える」のは避けるようにしましょう。犬の健康にとって有用な果物の中にも、犬にとって有害な部分が含まれていることを忘れてはいけません。